家庭用脱毛機器が便利!

自宅での脱毛処理は、頻繁にしなければならなかったり、手間がかかる割にあまりキレイな仕上がりでないなど女性にとっては、とても悩ましいです。
放った置くわけにもいかないので、なんとなく自己流での脱毛ケアをしているという方も多いかもしれません。
セルフケアの場合処理方法が誤っていたり、繰り返し行う事で黒ずみになってしまったり毛穴が開いてしまうなど、様々なトラブルを抱える場合があります。

脱毛専門のサロンに通う方がキレイですが、予約を入れなければならないとか、脱毛施術の時に見られたくない、近くにサロンがないから通うのが面倒・・などでサロン通いに踏ん切りがつかないという方もいるかもしれません。
そんな方は、家庭用の脱毛器をおすすめします。家庭用脱毛器は、お値段は少々しますが、サロンに通い続けるよりは安価で使い続けられます。そして、簡単にサロンのような仕上がりになります。様々な機器が販売されているので合う合わないの見極めが難しいですが、痛みの感じや効果など様々です。肌が弱い方は刺激が弱めの機器が良いですが、効果は少々低下するかもしれません。
家庭用脱毛器での人気商品は、ケノンで痛みを抑える事も出来ますし、多少の痛みを我慢できる場合には、素早く済ませる事もできるなど多様化しています。難点は、少々高めな事でしょうか。
痛みが嫌な方には、ラヴィがおすすめです。ケノンとほぼ機能は同じ漢字ですが、価格はケノンよりも安価です。
脱毛器は価格がお高い印象を持ちますが、これを体験すると楽で他の方法での自宅処理をする気になれません。

長年の自己脱毛で、人に見られたくない肌になってます。

私はひざから下のムダ毛で苦労しています。
中学生くらいから、カミソリ、毛抜きとお肌を傷めるような自己処理ばかりしてきました。

その長年のツケが、黒いポツポツのシミになって、抜いても綺麗なお肌にはなりません。
ちなみに今では、脱毛器を使ってひざ下のムダ毛を週に一回抜いています。

ただ最近、ミュゼプラチナムのキャンペーンのカウンセリングに申し込んだので、ネットでいろいろ調べてみました。
するとミュゼはもちろんですが、脱毛ラボも調べてみると、どのサロンでも脱毛後のお肌のお手入れに熱心に取り組んでいました。

私は、抜いたら抜いたっきり、なにもアフターケアをせずにいました。
遅ればせながら、600円位の敏感肌用ローションを購入し、アフターケアしてます。

もっと早くこのことに気づいていれば、もしかしたらもっとお肌がきれいだったかもしれません、とても悔やまれます。
今までは自己処理した次の日の入浴時に、ひりひりしていたのに、ローションを塗るようになってひりひりしなくなりました。

先ほどのミュゼのキャンペーンのカウンセリングですが、薬を服用していることで断られました。
とくに脱毛に関係のない薬ですが、薬を飲んでいるという事実で受け入れられないようです。

薬を飲んでいる方は、気をつけた方がいいと思います、医療機関と提携している脱毛サロンもあるので、またキャンペーンを見つけたらチャレンジしてみたいと思います。
ひざ下って、サロンにもよるのでしょうが思っていたより高くて8万円くらいかかるそうです。

うーん悩んでしまう価格ですよね、もっと若く20代だったらその先の長い期間をすべすべのお肌で過ごせますが、年齢によってはもう諦めてもいいかなと思ってしまいます。
でも、いくつになっても女性は綺麗でいたいもの、チャンスがあったら脱毛サロンですべすべにしてほしいです。

様々な脱毛方法

ムダ毛について悩んでいる女性は多いと思います。
しかし脱毛方法は様々ですし、自分に合った脱毛方法を探すのは難しいと思う方もいらっしゃると思います。
サロンや美容外科による脱毛が一番有名だと思います。
そこでよく聞くのが「永久脱毛」です。
ただここで注意していただきたいのは「永久」と言っていますが、一生毛が生えてこないわけではありません。
永久脱毛とは再生率が20%以下のことを言います。
ですので毛が再生する可能性もあるのです。
再生する主な理由としては抜けなかった産毛などが濃く進化して生えてくる場合と、ホルモンバランスの乱れによるものなど様々あります。
ですのでサロンや美容外科などで脱毛を行う際にはまず担当のスタッフや医師の方と事前にキチンと話し合った方がいいと思います。
さらに美容外科はきちんとした医療機関ですので安全性は高いと思います。
しかしサロンが悪いというわけではありませんし、サロンは美容外科に比べて値段も比較的安いのでどちらを選ぶかは個人できちんと調べることをおすすめします。
他にも家庭用で脱毛を行える脱毛器が多く販売されています。
レーザー脱毛とほぼ同じ効果を得ることができる脱毛器や肌のダメージを軽減する効果がある泡脱毛など種類は多いです。
ただ市販のものは大体使用してから3~4日くらいでまた毛が再生してきますし、多少痛みも伴います。
ですので簡単に脱毛とはいきませんが、通常のカミソリなどの処理方法に比べると肌へのダメージなどは少ないと思います。
様々な脱毛方法があり、その中で自分に合った脱毛方法を探すのは難しいかもしれませんが、あやふやな知識だけでサロンなどで脱毛を行うと損をする場合もありますし、高い脱毛器を買っても肌が荒れてしまっては意味がありません。
なので自分に合った脱毛方法をしっかり調べることも重要だと思います。

きれいな処理に満足できる家庭用脱毛器

私はここ数年家庭用脱毛器を使用しています。
ムダ毛の処理にはとても活躍してくれて本当に助かっています。
剛毛で悩んでいた私にとっては救世主といっても過言ではありません。
初めは電気カミソリで処理をしていましたが、カミソリ後がとても目立って
あまりきれいではありませんでした。
学生時代はそれでもかまいませんでしたが、社会人になると毎日のお手入れは大変でした。
そこで、家庭用脱毛器に出会ったおかげで月に2回ほどのお手入れで簡単に脱毛できるようになりました。
脱毛器には、腕、脚用と腋用の替え刃がついています。この替え刃のおかげでスムーズに処理ができるのです。
特にデリケートな腋などは脱毛器で大丈夫だろうかと不安がありましたが、その不安は全く必要ありませんでした。
ヘッドの替え刃は腋の湾曲した部分にそってしなやかに動きます。ゆるやかに振動するので処理のしにくい場所でもきちんと入ってくれます。
また、腕や脚を処理する時ですが、脱毛器のボディに小さなランプがついていてそのランプのあかりで処理残しのないようにチェックができます。
ふくらはぎのあたりや腕の裏などとても見やすくて便利です。
脱毛器を使っていくうちに毛穴が少なくなっているのに気づきます。処理を続けていると毛の繊維が細くなって、今度生えてくる時の繊維が全く違います。
そのかいもあって腕や脚の皮膚がすべすべとしてきました。毛根からの処理をするので
毛穴がどんどん埋まっていく感じです。
サロンにかよっているかのようにきれいな脱毛。満足しています。

効率よくムダ毛処理ができる脱毛器

多くの女性は脱毛を体験したことがあると思います。脱毛サロンに行ったり脱毛器を使用したり、方法は意外と多く、今の時代はムダ毛処理が便利になったと言えます。
私もいくつかの方法を使って脱毛をしたことがあります。学生の頃は脱毛器にお金をかけるのが嫌だったので、脱毛クリームを使用していました。私のムダ毛の量が多いこと、一本一本が太すぎこと、この2点のせいで効果はいまいちでした。素直に脱毛器を使えばきれいに処理できたのに、私は価格に惹かれて安い脱毛クリームを選んでしまったのです。
今では価格よりも効率、効果を重視していて、脱毛器選びをする時も毛の抜き方、痛みなどを優先に考えて買うようにしています。と言ってもそう何台もあっても意味がないのでさすがに家には一台だけしか置いていませんが、でも今使っている脱毛器よりも効率よく脱毛ができるようになるのならたとえ値段が高くても買ってもいいと思っています。脱毛はそれほど私にとっては欠かせないことなんです。
今では脱毛器以外のムダ毛処理方法は考えられません。シェーバーも使っていることは使っていますが剃り跡が汚いので急ぎの時だけ使うようにしています。脱毛ならつるつるなお肌になれるから美肌を目指す私にはもってこいなのです。多少時間がかかっても確実に毛が抜けるという点では脱毛器は優秀ですね。私が持っている脱毛器はもう10年ほど使っている古いタイプのものですが、それでもしっかりと毛を引っこ抜いてくれるから便利です。

脱毛ラボでダメージをおさえて脱毛

脱毛ラボはかなりオトクに効果の高い全身脱毛を受けていくことができるということで注目をあつめています。
脱毛ラボでは最新のフラッシュ脱毛機を用意しています。このクリプトンとよばれる脱毛機によるフラッシュ脱毛が、かなり効果が高いということで評判をあつめているというわけです。やはりだれでもなるべく高い効果というものを求めていくものだとおもいます。そういったニーズに応えているのが、やはり脱毛ラボだということができるでしょう。
さらに脱毛ラボのよいところは、脱毛時のダメージがすくないという点にあります。つまり、脱毛ラボではきわめてダメージのすくない施術を提供しているというわけです。
これは脱毛ラボがSSC方式とよばれる独自の脱毛を行なっていることがその理由になっています。つまり、かつてのような直接的に肌にライトを照射していくような方法ではない、ということです。つまり、脱毛ラボでは前もって専用のジェルを脱毛を行なう部位に塗布しておき、そしてその上からクリプトンライトを照射していきます。そしてこれによって、あくまで間接的に、脱毛の効果をあげていくわけです。
そしてこれによって、きわめてダメージのすくない脱毛、というものを可能にしているわけです。ですから、なるべくダメージをおさえてながらも高い効果を期待できる施術を受けていきたい、というひとにはきわめておすすめなのが、脱毛ラボにおける脱毛だということができるでしょう。

VIO脱毛・途中経過!

脱毛って始めるとハマりますね^^
私は失恋したりすると、「もっといい女になりたい・・・!」と思うのか、脱毛箇所を増やす傾向にあります。笑

ずっと気になっていたワキから始まり、ヒジ下、ヒザ&ヒザ下、そしてついにVIO。
VIOは友達にもちょっと言いにくいし、どの形にするかも迷いながら契約しました。

ツルツルにするのはないな、と思ってたんです。
でも、いざ体験してみると、ツルツルもありかも・・・と。清潔な感じがするというか。

「毛質が変わるから」ということで最初の3回くらいは全体にヒカリを当てるのがおススメだそう。
VIOはエピレでお願いしてるのですが(痛くなさそうなイメージだったので)、エピレだと2カ月空ければOK。となると、生えて来る頃にまた行けるんですね。
なので、しばらく(半年以上?)ツルツルが続き、ツルツルの状態が好きになってきました!

大浴場とか、もし彼氏が変わったら、なんてことを考えると、ツルツルのまま進んではいけない気もしますが・・・。
ちなみに、4回処置済で、今は所々生えてきた感じです。全然生えてこない場所もあって、効果はばっちり感じてます。
毛質は少し大人しくなったかな、くらい。

全身脱毛のコースが人気あるのも納得だなぁと思います。
だんだん、顔とか背中とか二の腕までやりたくなってきちゃうんですね。ちゃんとしたところで施術すれば、日々剃るよりお肌にも優しいですしね!

あ、ちなみにVIOは自分で予め剃っていくには限界があるので、お店で初めに剃り剃りしてもらいます。笑
エピレさんはさすがの技術で痛みは少ないですが、恥ずかしさはぬぐえませんのでこれからVIO始める方は覚悟してくださいね!笑

ワキ脱毛から全身脱毛へ

25歳の主婦です。
私が初めて脱毛に通い始めたのは20歳の時です。周りの友達の多くが脱毛に通い始め、すすめられたのがきっかけでした。
「脱毛」や「エステ」はとても高価なイメージでした。
実際に20年前くらいに脱毛を体験している母の話だと、真っ赤に腫れ上がるし、ワキだけで50万円くらい
かかったとのことでした。(まだ光脱毛がメジャーではなく、ニードルの時代)
しかし、当時私が始めたのはワキ脱毛回数無制限で10000円弱というもので、学生の私でも払えるプランでした。

初めて脱毛の機械を当てるときは、とても緊張しました。『とても痛い』と聞いていたからです。
スタッフさんは、20代前半と思われる女性で、丁寧にワキのシェービングをしてくれ、
光を当てる前に、アイスノンでワキを冷やしてくれました。こうすると、痛みが緩和するそうです。
アイスノンの冷たさが逆に痛かったのですが、言えませんでした。
パチパチと音をたてながら、脱毛が終わりました。痛かったですが、その痛みが効いてる気がして我慢しました。
光を当てた後にまたアイスノンで冷やしてもらい、冷却のジェル?うを塗って終わりました。
部屋に入って10分くらいで終わったのであまりの速さにびっくりしました。
8×4などの制汗剤は、脱毛の効果を妨げるし、毛穴の中にパウダーが入って炎症になるから使わないよう。と、
汗の臭いを防ぐ5000円位の消毒スプレーを勧められました。制汗剤に5000円か・・・と悩みましたが、
『みんな使っいます』『脱毛の効果が出にくくなります』と、半ば強制的に購入させられた気がします。

2週間後くらいから、ワキの毛を毛抜きでつつくと、スルスルとぬけていきました。
すごく楽しかったです。1か月経つころには、ワキの毛はなくなり、つるつるに。
2か月経つ前くらいにまた少し生えてきましたが。

2か月後に2回目の脱毛に行ったときは、「今ワキ以外で自分で剃っている箇所」を聞かれ、「腕と脚」と答えました。
『このまま剃り続けるとお肌が傷んでしまう』『毛が濃くなる』・・・と
剃ることのデメリットを言われ、少し嫌な気分になりましたがワキの毛の効果がわかったのが
あまりにうれしかったので、他の箇所も脱毛しようと検討することにしました。
腕と脚の10回コースで約15万円。全身脱毛(顔なし)10回で約30万。
当時学生だった私にとっては初めての高額な買い物でしたが、全身を契約しました。
スタッフさんはとてもうれしそうに、契約書を持ってきました。
クレジットカードがなかったのでフリークレジットで月々2万円のローンを組みました。

あれから6年。
妊娠中は脱毛を禁止されていたので、行くことができず、全身になるとなかなか予約も取りにくかったため
5回くらい行って、残りを通えていない状態です。
昔みたいに毛に対してあまり執着もなくなってきました。
ローンは払い終えましたが、まだまだ毛は残っている状態です。