ムダ毛を剃るときは豆乳ローションを使うべし

ムダ毛について悩んでいる方は多いと思います。
私自身もすね毛だけが濃いのが長年の悩みで処理にはとても苦労しました。
学生時代はお金も無かったため剃刀での処理を行っていましたが、2時間程度で生えてきてしまうのでほとんど意味はありませんでした。
20歳を過ぎた頃から家庭用脱毛器を使うようになりました。
毛を抜くだけのタイプで肌へのダメージも大きいので頻繁には使いませんでしたが脱毛をしてから3日~4日程度は生えてこないので現在でも愛用しています。
基本的に不満は無いのですが、毛を全て抜くことが出来ないので仕上がりもツルツルというよりかは少しザラザラしているような感じになります。
なので抜けきれなかったムダ毛は剃刀で剃るようにしています。
そこで最近では豆乳ローションと呼ばれるものを使うようにしました。
豆乳ローションは手作りで作っています。
作り方はとても簡単で豆乳とレモン汁、消毒用エタノールを使います。
最初に豆乳を鍋に入れて弱火にかけます。
60度~70度くらいになったら火からおろします。
レモン汁とエタノールを温めた豆乳に加えて混ぜます。
ざるの上にコットンタオルとキッチンペーパーを乗せてその上に流しいれます。
絞ると液体が出てくるのでその液体を容器などに入れれば完成です。
人によっては効果が出ない人もいるようですが、私は使ってから2週間程度で毛がポロポロと抜け落ちるような感覚で抜けました。
全部は抜けることは無かったのですが、剃刀や家庭用脱毛器を使うよりも肌へのダメージも少ないのでおすすめです。

脱毛はプロに任せるに限る

お金がかかるから、できることはどんなことでも全部自分でやった方が良いと考えるタイプの人間なのですが、脇毛の脱毛はエステサロンでお願いをしてしまいました。

最初は、カミソリと毛抜きを使って、地道に処理をしていたのですが、自分で処理を繰り返したのがいけなかったのか、毛の生える範囲がどんどん、どんどん広がってしまいました。生えてくる毛も太く濃くなってしまったように感じました。なので、処理には時間がかかりますし、傷みもありました。毛穴も目立ちましたし、「抜かない方が綺麗なんじゃないか」とさえ思えるくらい、脇の下が「汚い」状態になってしまったんです。

これでは、ノースリーブを着る事も、水着を着る事もできないし、何よりも永遠にこの処理に悩ませるのかと思ったら、ちょっと不安に感じたんです。プロの手で綺麗にしてもらった方がいいんじゃないかと思い、30歳手前になりようやくエステサロンへ足を運んだんです。遅いですよね。もっと早く足を運んでいたら、脱毛にかかる時間も少なく済んだでしょうし、もっと時間を有効に使うことができたと思います。何よりも、一番気にしていた費用が、驚くほど安くかったんです。

もし、これを読んでいて、エステに通うか通わないか悩まれている方がいたら、ぜひ行った方がいいよ!と言いたいです。ただ、事前にお店の情報を集めておくといいかと思います。クーポンとか出してるお店もありますから、お得に処理しちゃってください。